>  > WALD ヴェルファイア 30系 AGH GGH3#W AYH30W Z ZA ZR BESTEN LED デイライトフォグ スポーツライン ヴァルド

WALD ヴェルファイア 30系 AGH GGH3#W AYH30W フリーサイズ Z ZA ZR BESTEN LED 系にお勧め デイライトフォグ スポーツライン ヴァルド

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五行歌に曙光―柳瀬丈子さんの『風の伝言』

          
 はじめに 
 柳瀬丈子さんの詩集『風の伝言』の冒頭に、詩人新川和江さんが序文を寄せている。これは極めて象徴的なことである。彼女は、故吉原幸子さんと共に『現代詩ラ・メール』を発行して多くの若い詩人を育ててきた ACRE ブレーキディスクローター スタンダードタイプ フロント左右2枚 ワゴンRワイド ワゴンRプラス ワゴンRソリオ ワゴンR MW MA63S アクレ、人も知る現代詩壇に立つ最高峰の一人である。

 五行歌は、日本古来の七五調と謂う音律を捨てた新詩形である。しかしスタートしてから十数年も経つのに、詩壇、歌壇のいずれからも一顧だにされない不幸な存在のまま現在に至っている。なぜだろうか。創始者を名乗る人は五行歌を短歌とは全く無縁な新詩形だとしながら、敢えて「歌」を自称し、しかも新詩形による作家を歌人と呼ばず「うたびと」呼ばせてきた。彼の言う「歌」とは何?、歌人・詩人と「うたびと」との違いは何? これらについて納得のいく説明は何も無い。要するに、この新詩形には拠って立つべきフィロソフィーもイデアも無かった。その結果、当然ながら結社内で主宰や先達による添削などの指導は全く行われなかった。普通の文学結社では、最低数年、長い人では十年、二十年の研鑚を経てはじめて同人の資格を得るのに。この会では同人費さえ払えば即日同人になれる。普通の結社では巻頭作家は2%でいどなのに、ここでは何と60%もの作品が巻頭を占めている。こういう結社が詩壇、、歌壇から無視されるのは当然の帰結であろう。

 調教されることのない野生馬の中にも、天性の資質と厳しい自己研鑚で才能を発揮する一握りの駿馬はいる。柳瀬丈子さんは、将にそうした稀な駿馬の一人である。『風の伝言』は紛れもなく詩そのものであり、五行歌に初めてアイデンティティーを与えた画期的な詩集と言える。新川さんの序文は、その意味で極めて象徴的なのである。
           
   
   風の                   
   通り道に
   立っている 
   伝言を しかと           
   受けとめたか        

 これは、歌集のタイトルになったと思われる作品である。「風の通り道」は、作者の通ってきた道でもある。作者はその道すがら 、どんな伝言を風から受けとめたのであろうか。そのヒントは、作者が章外の巻頭に置いた下段の作品に秘められている。

   コアセルベートの海を
   泳いでいる
   「自画像」は
   永遠に
   決まらない

 コアセルベート。原義は膠状のコロイドから分離した液体中に浮遊するもということである。このフレーズから私は古事記の国産みの部分を想起した。―「国稚く浮きし脂(あぶら)の如くして くらげなす ただよえる時」―即ち国が出来たばかりの頃は脂身の如くクラゲのように浮いて漂っていたとなる。作者は自身の自画像を描くに当たって、人類発生の数十万年前、否、生物発生の数十億年前に遡ろうと思ったのではあるまいか。事実、学者の中にはコアセルベートが原生動物の細胞原形質と酷似していることから、生物の起源を意味する言葉とする者もいる。この作品から、自分を有限の命を生きる生物の中の一個体として見詰めようという詩人柳瀬丈子の姿勢を読み取ることができる。
           
            

   丘の上の
   一本の欅を
   ひそかに
   たましいの
   標準木としている

 有限の命を常に自覚できるのは詩人の特権であると同時に、余人に語ることのできない底知れぬ寂しさでもある。その自分を、丘の上に立つ一本の欅に擬した作品である。凛として、そして孤独な欅は、柳瀬丈子そのものである。こうした死生観は全編を通して流れるものであるが、特に次に挙げる作品から顕著に汲み取ることができる。

  はじまりは                              
  みんな                               
  小さい            
  誕生も            
  崩壊も            

  草に寝て
  草の吐息
  吸って吸われ
  まみどりの中に
  気化する

  風葬の地の            
  空の明度よ             
  死者たちに           
  支えられて           
  私の生(いのち)がある          

  種を播く
  人の
  まなざしは
  永遠の中に 
  いるようだ

           

 多くの人は日常的に死を意識することは無いが、ある種の人たちは有限の命を意識する。ショーペンハウアーは、人生は生への盲目的な意思であるとし、その盲執、恐怖から逃れるには死しかないと言った。実際に一部の人は不安に耐えきれずデカダンスから死を選び、「漠然とした不安」を理由に自死を選んだ作家もいるし、「万有の真相は不可解」として入水した青年もいた。一方では有限の命を自覚しながらも死の呪縛から解脱して「今を生きようと努める人もいる。柳瀬さんの作品も「今を生きる詩」である。自分を輪廻の中の個と位置づけた詩には、

、清澄で不思議な明るさがある。

  風にもらった        
  呼吸           
  いつか            
  風に             
  還す日がくる 


  太初(はじめ)の            
  いのちよ           
  その             
  朗らかな           
  孤独よ            

  むすんでは
  ほどく
  宇宙の中で
  いのちは 常に
  笑いさざめいている
   
  地衣類の           
  光る触手が          
  ゆっくりと         
  倒木の「死」を        
  ほどいていく         い

  音は
  消えるときが
  いのち
  消えることが
  いのち
  
  いつだって
  「いま」しかない
  さあ
  おまえ自身を
  蹴れ

           

 本物の詩人は、自分を生きとし生けるものの中の一つと位置づける謙虚さがある。そうした詩人には VTR250(03~17年) リアブレーキホースキット ステンレスブラック/ブラックホース スウェッジライン(SWAGE-LINE)、常人には聞こえないものが聞こえてくる。樹や花々や虫たちと会話することも可能だ。それが「命の声」であり、「風の伝言」なのである。

  脱皮したばかりの       
  ムラサキアゲハ       
  濡れて            
  ひそやかに          
  脈搏つ胸    

  「わたし」という       
  ひとつの過剰         
  あめつちが          
  養う             
  塵のひとつ          

  月夜です
  蟹が
  静かに
  甲羅を
  脱いでいます

  朝靄を
  ちりばめた
  クモの巣を
  ゆすってみる
  ―お留守ですか?

           

 最後に付言したいのは、スキル面での巧みさである。ここで詩作の要諦を詳述する紙数は無いが、ハード面での要点は比喩 [ESPELIR] エスペリア スーパーダウンサス 1台分セット ミラ L502S H6/9~10/9 JBEL 2WD NA CR / TR / CV / TV ※代引不可 ※離島は送料別途、措辞、改行の三点であろう。
 このうち比喩は、詩作に於いて最も大切な技法である。例えば思想、人生観など見えないものを表現するとき、比喩は必須のアイテムである。柳瀬作品にはメタファー(暗喩)がしばしば遣われているが、次例のように何れも深い思想や寓意、批評を含んでいる。これをどう読み解くかは、読み手にとって得難い勉強の機会になるであろう。

  蛇よ
  わたし
  エヴァの裔(すえ)
  リンゴの味は
  知っている

  蛇、けもの           
  目(ま)交(ぐわ)う吐息           
  充満(みち)る野に           
  子どもは子どもの        
  ふりをしている         

  明け方
  抱きにくる人よ
  口移しされる
  氷の
  かけら

  自分の家の           
  柱を食っていく         
  白蟻の立てる音に        
  耳を塞いで           
  生きている           

 柳瀬作品に於ける措辞の巧さは天性のものであろう。次のようなオノマトペーの斬新さ、的確さには学ぶべき点が多い。

  のったこ            
  ぱったこ            
  ゾウガメよ 何処へ?      
  「うんにゃ           
   嫁さんを探しに」        

  ひょう ひょう ひょう     
  目覚めれば          
  身の裡に            
  もうひとつの          
  風が鳴っている。        

  電線に七羽並んだ        
  ヒヨドリの音符         
  ツウイッー          
  一羽翔んだ           
  スタッカートで        

 リフレーンを遣った作品も、特長的である。リフレーンは遣い方を誤ると作品を台無しにしてしまうが、柳瀬さんは作品に生き生きとした訴求力を与えている。

  百日紅
  燃えて
  燃えて
  天 ゆらぎ
  夏闌けてゆく

  歩いている
  ただひたすらに
  歩いている 
  この汗の先に 
  何があるのか

  献木をゆるされて
  桜と楓
  三千院の裏山に
  植える 植える
  母を植える

 次の二つの作品を較べてみよう。一つは仮名だけ、もう一つは漢字を多用している。内容に合わせて表記を遣い分けるのも措辞である。作者の細やかな神経を、垣間見ることができる。

  てもあしも                                              いらない           
  あなたの          
  いきにかさなる       
  なみとなる          

  噫呼 噫呼と
  天を仰げば
  嗚呼 嗚呼と
  鴉が嗤う
  どおれ 行くとするか

 五行歌という短詩形がなぜ五行で構成されているかについては、未だ誰も説明していない。私は私なりの見解を持っていあるが、本論では敢て開陳はしない。ただ、その重要なヒントが改行にあることだけは記憶に留めておいて欲しい。五行歌に於ける改行は散文での句読点に当たる。韻律の無い五行歌が詩に昇華するためには、これに代わる或る種のリズムが必要になる。私はこれを「意味律」と呼んでいるが、言葉を換えれば詩としての訴求力を高める「呼吸」である。この歌集に カヤバ/KYB ショックアブソーバ NEW SR SPECIAL リア NSF1227×2 タントエグゼ タントエグゼカスタム L465S、次のような作品がある。

  言葉の海
  溺れながら
  覚えた
  呼吸
  これが 私か

 柳瀬さんは朗読の名人であり、私などは、毎月の歌会で彼女の朗読を聞くのを楽しみにしている。自分の作品がどのように読まれるかをじっと聞いていて、その息継ぎと作品の改行が違っている場合は、必ず自分の改行が間違っている。皆さんはこの機会に、柳瀬作品を声に出して読んで欲しい。優れた作品の息継ぎ(改行)を実際に体感できると思う。

            GWM-58A GWM-58A ウォーターポンプ GMB 1個

 措辞論の最後に語彙選択の大切さに、ぜひ触れておきたい。冒頭に紹介した「コアセルベート」もそうであるが、フレーズを形成する一つの語彙も疎かにできない。自ら詩作するときは勿論、他人の作品を鑑賞するときも、作者の一語に込めた想いを汲み取る姿勢がひつようである。歌集中に次の作品がある。

  「天上大風」         
  張りつめた
  糸の先で
  少年の日々が
  風に唸っている

「天上大風」は、昔から凧に書かれた常用句である。これを単に、凧が風を得てよく揚がるような呪い文字と解しても、凧揚げする少年を詠んだ作品という解釈は成立する。が、もし読み手が良寛の「天上大風」という色紙を連想できたら、或いは源氏鶏太の同名の小説を読んでいたなら ランサーエボリューションワゴン メーターカバー / メーターフード【ワイアールアドバンス】ランサーエボワゴン 3連メータフード、柳瀬作品の解釈は大きく違ってくると思う。

『風の伝言』は五行歌が詩であることを実証したモニュメントであり、詩としての五行歌を作る者にとって目標となり、

WALD ヴェルファイア 30系 AGH GGH3#W AYH30W Z ZA ZR BESTEN LED デイライトフォグ スポーツライン ヴァルド

、こよなきテキストブックとなるであろう。。





     
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-99029