マツダ アテンザワゴン GJ## 17インチ アルミホイール 2001年12月~2007年06月 一台分(4本) LEONIS VT (レオニス 一台分 ブイティー) パールブラックミラーカット アルミ

 >  > マツダ アテンザワゴン GJ## 17インチ アルミホイール 一台分(4本) LEONIS VT (レオニス ブイティー) パールブラックミラーカット アルミ
ヘッドライト 92-98 BMW E36 3-Series Black Dual Halo Projector Headlights+6-LED Fog Lamps 92-98 BMW E36 3シリーズブラックデュアルハロープロジェクターヘッドライト+ 6-L EDフォグランプ
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
プロ野球でモノになる奴の法則 (JUGEMレビュー »)
小関 順二
+ RECOMMEND
トヨタの闇 (JUGEMレビュー »)
渡邉 正裕/林 克明
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
+ LINKS
+ PROFILE
Search this site.

マツダ アテンザワゴン GJ## 17インチ アルミホイール 一台分(4本) LEONIS VT (レオニス ブイティー) パールブラックミラーカット アルミ

西武ライオンズ・栗山巧外野手を応援する無機質ブログ
2009.04.18 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
2008.01.23 Wednesday
12球団選手紹介 ~帆足和幸(西武)
豪快なフォームに特殊球と個性的な左腕・帆足和幸
その特殊球とはパームボールで、実戦で投げるにはかなりの勇気が居るボールを惜しげもなく多投する。
そのため主力投手となった後も安定度は付かず、そのまま低迷期に入りかけている現在。今後はパームボールのようにそのまま沈むか、あるいは浮き上がって再び活躍するかどっちだろうか。


アマチュア~三井高校-九州三菱自動車
2000年ドラフト3位入団
1軍初出場~2001年(先発左腕の期待を受けるも定着出来ず)
初のレギュラー定着~2004年(念願の10勝を達成)

<その後>
特殊球投手らしく安定度は今一つ
13勝を挙げ3本柱にまでなった2005年
その反動で肩痛に苦しむ
「低め安定」となるにはまだ早い


4人しか居ない九州三菱自動車野球部出身のプロ選手。都市対抗は出場が無く補強選手の輩出で有名なチームであり、現役の帆足も有銘兼久(現楽天)も補強選手の立場で実績を作り注目度を高めた。2人とも左腕投手なのは偶然か、それともチームに左腕が育つ伝統があるのか今一つ不明である。
「左投手の補強」がテーマとなった2000年の西武のドラフト。当時の西武投手陣は「投手王国」の冠が付いていた程の強力な布陣であったが、先発左腕投手が皆無だったのとリリーフの橋本武広が高齢となっていたのがテーマを掲げた理由であろう。そしてそれに沿って指名されたのが帆足であり、逆指名を経て入団した三井浩二であった。

パームボールという特殊な落ちる変化球を操るのが帆足の最大の特徴。チェンジアップと比べてブレーキが大きくゆったりと変化する。ストレート待ちの打者のタイミングを外すには格好のボールなのだが、対処されたら痛打は間違いないというボールでもある。
1年目のシーズンとなった2001年。他人には無い特殊球を操るという希少性が東尾修監督に気に入られたのか、開幕直後の3月27日に早くも一軍登録を受ける。そして先発に組み込まれ、4月1日にプロ初先発を果たすと責任投球回と認知されている5イニングを投げ抜く好投を魅せた。これでローテーションに定着するかと思われたが2・3試合目はともにノックアウトされあっさりとファーム降格 【4909449492000】11月末予定【送料無料】【DAYTONA(デイトナ)】GIVI(ジビ) サイドバッグ 容量可変(24-30(片側)) EA101B 94356 【容量可変式サイドバッグ】。その後は何度かリリーフ登板しに一軍昇格、プロ初勝利も記録したものの打ち込まれる試合の方が目立ち、結局先発・リリーフ併せて8試合に投げただけだった。ただ消化試合に4試合目の先発マウンドに上がったように、この頃から将来は先発ローテーションというのが首脳陣の理想のようであった。1年目はムキになってパームを連投していたシーンが多く、痛打を浴び続けた結果23イニングで被安打38・率にして.384という高さであった。自分の得意球を試したかったというより、得意球を打たれ続けて「通用するまで投げる」という我侭のような投球に終始したこの年。防御率は9点ジャスト、1イニングに1点のペースであった。
そのためストレートに威力を増す事が求められた今後の帆足。当然「即戦力」という冠は外され、2年目はひたすらファームで過ごしたシーズンとなった。チームは圧倒的強さで優勝を決め、その消化試合に3試合リリーフ登板した帆足。9イニングというロングリリーフであったが、やはり安定せず被安打12の防御率6点ジャストという数字が残った。

エースの松坂大輔が故障して6勝止まりとなっても力強さ・安定感は健在だった2002年の西武投手陣。リリーフには鉄壁ともいえる森慎二・豊田清(現巨人)の勝利の方程式も健在だった。しかし一寸先は誰にも解らない。キャンプを地元・所沢で行なった結果調整不足に悩まされた2003年の投手陣。開幕直後に許銘傑が肩痛で離脱し、石井貴も肩痛で5試合でリタイア。西口文也も防御率6点台という考えられない不調に陥り、オールスター前には松坂までもがヒジを痛めてファーム落ちを経験した。当然この尻拭いは若手の新戦力が行なう事となった。帆足は5月後半に一軍昇格。21日に2年ぶりに先発するも5回途中5失点でノックアウト。以降はリリーフで徐々に実績を作りローテーション入りを待った。そしてチャンスが来たのが6月10日 HKS スーパーファイヤーレーシング M40i 6本セット NGK8番相当 プラグ ディアマンテ F17A/F27A 50003-M40i SUPER FIRE RACING スパークプラグ【店頭受取対応商品】。敗れはしたが7イニング途中まで力投を魅せ、これが首脳陣の目に留まり先発入りを果たした。6月25日には6イニングを1失点に抑えてシーズン初勝利。着実に結果を出して行ったが、その後は乱れて結局9試合の先発に留まった。合計34試合登板と結局は大半がリリーフに落ち着いたこの年。だが95イニングは主戦投手の位置まであと一歩と迫った数字に間違いは無い。投球スタイルはストレート・パームにスライダーを多く交えるようになり投球に幅が広がったのは確かである。しかし被安打105と投球イニングを上回っているのは変わらず、また与四死球もイニング数の半分以上である52を記録。

マツダ アテンザワゴン GJ## 17インチ アルミホイール 一台分(4本) LEONIS VT (レオニス ブイティー) パールブラックミラーカット アルミ
カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 グッドイヤー ベクター Vector 4Seasons Hybrid オールシーズンタイヤ 215/55R17 KYOHO SEIN-SV ザインSV ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +55 5穴 100!O2センサー ハイラックスサーフ 型式 RZN210W RZN215W 用 OZA751-EE10 クリーン 排ガス 省燃費 エコドライブ ジルコニア素子採用 高性能 O2センサ 酸素 酸素センサ オキシジェンセンサー オーツーセンサー NTK NGK 日本特殊陶業 トヨタ TOYOTA 89465-60200 相当.【USA在庫あり】 ARCレバー Arc Levers クラッチレバー フレックス カスタム MAGURA/KTM ショート コンポジット 190907 JP店,ヤマハ純正 カバー サイド3 5JX-21731-00 HD店

マツダ アテンザワゴン GJ## 17インチ アルミホイール 一台分(4本) LEONIS VT (レオニス ブイティー) パールブラックミラーカット アルミ

。これだけ走者を出してよく防御率4.61に収まったというのが正直な感想だ。
監督に伊東勤が就任した2004年。投打とも新旧交代が課題となっていたが、投手の方は「投手王国」という冠がここに来て仇となるのではないかと思わされた。成績を下降させた西口・石井・許・三井・潮崎哲也はいずれも実績豊かな選手であり彼らのプライドを考慮して思い切った新旧交代が出来ないのでは、という懸念があったからだ。
しかしそれは杞憂に終わった。開幕から星野智樹・大沼幸二・小野寺力らを大胆に起用し結果を出していく。帆足も開幕からローテーションに入り奮闘していく ブレーキホース(オリジナル フルステンレス製)Pタイプ 165cm HURRICANE(ハリケーン)。しかし前年と同様に被安打・与四死球を量産し安定しない ビルドアライン BUILD A LINE ステンBLK リア KSR-1/2 20779091。勝利の運には恵まれるものの、6試合目を最後にローテーションから滑り落ちリリーフに降格。6月3日に7試合目の先発マウンドに上がったがそこでノックアウトされると、以降はファームにまで転落した。
先発ローテーションは松坂・西口・張誌家が中心となり、その脇を大沼・山崎敏ら若手が固めるも陣容は相変わらず不安定であった。そんな中再び帆足に白羽の矢が立ったのが8月。松坂・張がアテネ五輪でチームを離れるのを睨んでの起用だったのだろう、1日に先発し好投すると以降は再びローテーションに入った。それは閉幕まで継続し、今度は順調に勝利を重ねて二桁に乗せた。14試合の先発・1完投に留まり104イニングとボリューム的にはまだまだだったが、これでようやく主力としての第一歩を踏み出した。被安打117・与四死球52という御馴染みの数字で防御率も4.30と安定しなかったし、ローテーション落ちの時期も長く反省する所は腐る程あった。
それでも手薄となっていた西武投手陣にとって貴重な先発左腕となり、プレーオフで2試合・日本シリーズで1試合に先発登板。第1ステージの第3戦以外は好投出来なかったが貴重な経験となった。

2005年を迎えるにあたり、制球重視にモデルチェンジを図った帆足。やや反動の大きい豪快なフォームからストレート・パーム・スライダーを投げ分けるのが従来の投球パターンだったが、ストレートが抜けたりスライダーが大きく流れたりで死球が多かった。球持ちを長くする事に努め、ストレートはスピードより伸びを重視する意識を高めてシーズンに挑んだ。
前年の実績から当然の如く開幕ローテーションに入った帆足。開幕からその投球は好調で、四球で乱れる事無く140キロ前後の伸びのあるストレートを主体に攻めていく。このストレートの良さがあって初めてパームボールは魔球と化するのである。7月18日にはプロ初完封も達成し、松坂・西口と先発3本柱を組む投手として完全に認識されるに至った。リリーフも兼ねていた過去2年だったが、26試合全てが先発だったこの年。初の規定投球回に達したものの防御率は4.03と4点台は変わらなかった ビルドアライン BUILD A LINE ステンBLK リア RMX250S 96- 20759101 。だが与四死球は39と大幅に減り、被安打179と打たれても滅多な事では崩れない精神力も身に付いた。

それでも安定感が付いたとは言い難い数字で、2年間大幅に勝ち越していても打線の掩護を得るという「勝利運」で片付けられても仕方ない面はある。投球術やフォームのマイナーチェンジを重ねてようやく結果が付いてきたという選手生活の帆足。そのため緊張の糸が切れた時は試行錯誤の蟻地獄に嵌っていってしまうのではないかという危惧があった。
2006年のシーズンが始まった。前年同様松坂・西口とともに主力の扱いを受け開幕ローテーションに入った帆足。4月こそ快調に滑り出したが、5月はスランプに見舞われる。ストレートが走らずに変化球も捉えられるシーンが続き早いイニングでの降板を繰り返した。そして5月末には肩痛で登録抹消。6月に復帰するも安定せずリリーフに降格し、再び8月に抹消されてそのままシーズンを終えてしまった。幸いにも涌井秀章が台頭したため先発3本柱が維持されチームも2位をキープしたが、先発投手陣は既にグラマン・ギッセルの3Aクラスの外国人投手に頼らざるを得ない程人員不足であった。そして確固たるセットアッパーが不在のためシーズンが進むに連れて疲労が溜まり勝ちパターンが作れなくなったのも痛かった。
そんな苦しい状況の中取り残される形となった帆足の落胆は数字以上のものに感じた。前年の契約更改では「3年やって一流だ」とフロントに諭されて交渉が難航した経歴があったが、3年継続せんと意気込んだ結果がこれではガックリと来てしまい緊張の糸も切れてしまうものだ。例年被安打が多い帆足であるが、この年は被安打92で被打率は3割越えという多さであった。ストレートが走らないからパーム・スライダーが見られるというパターンで苦戦しており、これを翌年も引きずらないか不安であった。

そして2007年、案の定開幕をファームで迎えた帆足はひたすら調整登板を重ねた。7月1日に昇格・先発マウンドに上がると7イニングを投げて1年ぶりの勝利を飾る。これで再びローテーション定着に至ったが、今度はこれまでとは逆に勝利運の無さに嘆く羽目となった。7月8日は8イニングを1失点で抑えたが味方が無得点で敗戦。これでリズムが狂ってしまい3試合連続でノックアウトされる。リリーフを経てその後も先発を務めたが、挙げた勝利は1つだけで合計2勝に終わってしまったこの年の帆足。
この後半戦の1勝は完封で挙げたものであり、合計79イニングを投げて被安打83・与四死球14と従来より走者を出す機会は格段に減ったようにこの年に欠ける帆足の意気込みは凄まじいものだった。だが皮肉にも走者を許す事が減った途端、勝利運に見放されるというチグハグぶりとなってしまった。落胆せざるを得ない数字であるが、人間腐ったらそれまでである。今季も気持ちを切らさず前年の路線を貫き通せれば自ずと結果は付いてくるであろう。

マツダ アテンザワゴン GJ## 17インチ アルミホイール 一台分(4本) LEONIS VT (レオニス ブイティー) パールブラックミラーカット アルミ

Tweet

一台分(4本) アテンザワゴン LEONIS VT アルミ 17インチ アルミホイール パールブラックミラーカット ブイティー) (レオニス GJ## マツダ アルミホイール (レオニス

2009.04.18 Saturday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
PAGE TOP
{yahoojp} {meltbb.jugem.jp} {yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-74883